阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

人の夢は、儚いのか?

 人の夢と書いて、儚い。

 この一文を読み、筆者が最初に受けた印象はネガティヴなものであった。

 つまり、夢は叶わない、夢など抱かない方が良い、というイメージだ。

 しかし、それは違うということに気が付いた。

 なぜなら、夢は叶っても叶わなくても儚いからだ。

 例えば、人の欲望には際限が無いとはよく言われることだ。

 ある物が欲しくて仕方がなく、やっとそれが手に入る。その時は気持ちが高揚して嬉しいが、しばらくすると何のことは無い、その気持ちは綺麗サッパリ消えさり、また新たな物が欲しくなる。

 それは大きな夢になろうと、同じはずだ。達成した瞬間、その夢は消え去り、新たな夢が出現する。

 では、夢破れることはどうか。新たな夢は出現せず、いつまでもその事を悔やむ。どちらかと言えば筆者はそのタイプだ。

 サッカーの本田圭佑選手は、筆者に重要な示唆を与えてくれた。

 本田選手は小学校の作文に、「プロのサッカー選手になり、ミランに移籍して、日本代表になり、ワールドカップで優勝する」と書いている。

 そのほとんどを実現していることは、日本中が知っての通りだ。
 
 本田選手は、超ポジティブだと思う。どんな逆境も、ピンチも、チャンスだと考える。

 過去の発言。「引退した後何をやろうかと考えて。それは21、22歳くらいの頃から考えてたんですけど選択肢としては色んなことを勉強したし色んな可能性も考えてはみた。笑われるかもしれないですけど政治家で総理大臣になったろうかなとか。」

 この発言を聞いて、本田選手は常に大きな夢、というより目標を設定しているのだと思った。

 最終的なゴールを設定し、全力でそこへ向かう。

 仮にその夢が破れても、つまり、その目標を達成できないと悟ったしても、本田選手は新たな目標を立て、そこへ突っ走るのだろう。

 夢が叶っても同じ事だ。さらに大きな夢を持つ。
 
 結局のところ、夢とは通過点に過ぎないのだ。

 常に大きな夢を持ち、そこに向かうことに意義がある。夢が叶わないことを嘆くことは無意味だ。

 本田選手を見ていると、そう思ったのである。

広告を非表示にする

『あんぽん 孫正義伝』を読んだ

あんぽん 孫正義伝

あんぽん 孫正義伝

 ソフトバンク孫正義氏のノンフィクション本。

 これを読もうと思ったきっかけは、孫正義氏の講演か何かの発言を見たことだ。

 「私はここにいる誰よりも勉強した。熱があろうと、食事中でも、トイレでも」というような発言だ。

 筆者はそこに関する部分、勉強法だとかモチベーションを維持する方法とかを期待して読んだ。しかし、解決はしなかった。
 ただ、孫正義氏の育った環境やその境遇が、そこまでの努力を可能にさせたのかとは思う。
 冒頭に「孫は…豚の糞尿と、豚の餌の残飯、そして豚小屋の奥でひっそりつくられる密造酒の強烈なにおいの中で育った」とある。

 孫氏の父親である三憲氏も強烈なキャラクターである。
 
 孫家のダイナミックなファミリーヒストリーや、ソフトバンク草創期の裏話など、面白い伝記であった。

 ちなみに、タイトルのあんぽんとは、孫氏が帰化する前の名前、「安本」から来ている。

『読書の技法』を読む

 元外交官で、知の巨人とも呼ばれる佐藤優氏が、その読書の技法を本にした。

 サブタイトルは、『誰でも本物の知識が身に付く熟読術・速読術「超」入門』である。

 佐藤氏は、月に平均300冊、多い時で500冊もの本を読むという。

 一体、どのようにしたらそんな芸当が可能なのか。

 実は、ほとんどの本は「普通の速読」と「超速読」で、済ませているのである。
 その中で、熟読すべき本を選別しているのだ。

 まず佐藤氏は、超速読で本を4つのカテゴリーに分類する。熟読する本、普通の速読で読み読書ノートを作成する本、普通の速読で読み読書ノートを作成しない本、超速読で終わる本、である。

 速読術については、誰でもできそうだ。熟読術については、ややストイックな気がするが、知識が確かに身に付くと思う。

 そして、読書に際しては、何につけ、基礎知識が肝要だ。

 その基礎知識は、高校の教科書、参考書で身に付くと佐藤氏はいう。
 後半はそれについて語っている。

 この本を読むと、勉強するやる気が湧いてくる。
 買ってよかった。
 

広告を非表示にする

尊敬するひとが、出来ました。

 自分にとって尊敬する人は誰だろうと考えてみた。
 
 どんなジャンルの人が自分にビビビッとくるのか。

 母上が『朝まで生テレビ』を見ていて、「この人すごいよ」というので見たら、三浦瑠璃女史という社会学者だった。

 まず最初に「ビッ!」とキタ人である。

 すらすらと口から滑り出してくる言葉。説得力。
 確かに「すごい!」と思った。
 
 それから、よくよく考えるに、「ビッ!」とクル人は知識人ばかりだった。

 古市憲寿氏、林修氏、池上彰氏、竹田恒泰氏等など。
 この人らは皆、「尊敬できる」と思える人たちだった。

 そう、つまり僕は、知力が高い人に惹かれる傾向があるのだ。
 自分が阿呆だからか、賢い人に憧れ的なものがあるのかもしれない。


 そんな中、最近、「俺はこのお方に一生ついていく」というほど尊敬する人が出来た。
 
 それは、佐藤優氏である。著作を読んで、「ビッ!ビビッ!ビビビビーン!」とキタ。
 
 まさしく知の巨人といってもよい。

 溢れ出る知性、圧倒的な知識。教養への考え方、思想、ほぼほぼ完璧である。

 この人の著作は、全部買いたいと思うほどだ。