阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

日記

 水槽に顔を近づけたり離したりして蘭鋳を驚かせていると,蘭鋳が水飛沫を派手に巻きあげるという突然の逆襲で,筆者はひっくり返った。その様子をみて母君が言った。「おまえは幸せものだねえ」なるほど,確かに筆者は幸せである。

 

 今朝未明,男子サッカーの日韓戦を視聴。日本が点を入れられたのもあってか,前半が終わってから寝てしまった。

 

 朝,のそのそと起きて,日本の敗戦を知る。ボーッと五輪を見ていると母君に喝された。

 

 昼,途中からだが映画『FROZEN』を見る。3人の男女がスキー場でリフトに取り残されてしまう。男はリフトの上のロープを使って脱出を図ろうとする。一言感想を記すならば,えげつない映画。

 

 その後はフリーゲームをひたすらやっていた。

 

 夜,女子バレーを家族と見る。母君は銅メダルに感動し,嬉しがっていた。

 

 そろそろ五輪も佳境を迎え,明後日の未明に閉会式だ。来週から何もないということにいささか寂しさを覚える。いや,高校野球があった。今月は読書月間でありスポーツ月間だなあ。

広告を非表示にする