阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

日記

 いつものごとく正午を少し過ぎて目覚めると、母上がすばやくパンを2枚焼き、温かいコーヒー牛乳を2つ入れる。

 近くの物を掴みむくりと起き上がって、歯を磨いていないことを気にかけながらミーコーを飲むと、最近急に出来た口内炎が沁みて痛かった。

 さて今日から学校のわけだがどうするかと考えていると、母上から用事を頼まれたので休むことにした。

 兄上夫妻と姪が家にやってきた。先日の倒産問題で、兄上が色々と動いてくれているようだ。

 

 夕食は豚の煮付けだった。旨かった。

広告を非表示にする