阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

自分が特殊な奴ということ

 忘れていた。自分が特殊な奴だということを。

 小学校低学年の時から不登校で、中学校にもなると熟練の登校拒否を見せつけ、高校は通信制、しかも一年留年し、卒業後、もう一年のブランクを経て今年、通信制大学へ入学しようとしているような奴だということを忘れかけていた。付け加えると幼稚園にも行っていない。

 自分のことをべらべらと話すことは慎んだほうが良いことに気付いた。

 

 通信大学卒は履歴書の価値を上げてくれるものではないという話がネットでよく見られた。それで行くと筆者の履歴書など、通信高校卒の時点で終わっているのだろうか。まあまともな会社に行っても負ける気しかしないのは確かだ。

 資格を取ったりして、それで補えたりするのだろうか。

 

 それと問題は、通信大学へ入ったとして勉強できるのかということだ。正直、バイトしながら勉強できる気がしない。いや、やらなけばいけないのだけども。仕事しながら勉強してる人もいるのに、バイトぐらいで。

広告を非表示にする