阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

ホリエトラー

 ホリエモンこと堀江貴文さんがNHKの番組に出演した際、ヒトラーTシャツを着ていたとして、番組後半でアナウンサーが謝罪した。

 視聴者から苦情があったらしい。

 後に、堀江さんは「頭わりーな」と言ったとか言わないとか。

 そのTシャツの具体的なデザインは、ヒトラー反戦メッセージを発している、という、アイロニカルなものだ。

 さらに後になって、ユダヤ人の協会も抗議したとか。

 これの何が問題だったのだろう。

 きっと、ヒトラーを美化する可能性があるものは全て駄目なのだと思う。

 風刺だろうが反戦メッセージだろうが、ヒトラーのイメージアップに…たとえ1ポイントだろうと…繋がるものは、許されないのだ。

 ヒトラーは100%悪の化身。

 それが、抗議をした人達の思いではなかろうか。

 正直、筆者は「別によくね?」と思ってしまった。

広告を非表示にする