阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

10年分の先送り

 人は、面倒くさいことや嫌なこと、例えば勉強とか掃除なんかを先送りしがちだ。

 これは別に、怠惰とかそういうもんではないらしい。研究によると、その仕事を完璧にこなせるという「自信」があれば良いらしい。しかし、自信がありすぎても、先送りしてしまうという。

 筆者の場合は、もうかれこれ10年以上、勉強という大事な仕事を先送りにしてきた。それはもはや怠惰の極みだった。

 そのため、今はその遅れを取り戻そうと必死である。

 いや、正直いうと、そんなに必死ではない。

 長年の怠け癖は、簡単に治るものではないのである。

 けれども、一年前の自分よりも、今の自分の方が勤勉だ。

 「未来は今日始まる。明日始まるのではない」

 少しずつでも日々成長していきたい。

広告を非表示にする

ホリエトラー

 ホリエモンこと堀江貴文さんがNHKの番組に出演した際、ヒトラーTシャツを着ていたとして、番組後半でアナウンサーが謝罪した。

 視聴者から苦情があったらしい。

 後に、堀江さんは「頭わりーな」と言ったとか言わないとか。

 そのTシャツの具体的なデザインは、ヒトラー反戦メッセージを発している、という、アイロニカルなものだ。

 さらに後になって、ユダヤ人の協会も抗議したとか。

 これの何が問題だったのだろう。

 きっと、ヒトラーを美化する可能性があるものは全て駄目なのだと思う。

 風刺だろうが反戦メッセージだろうが、ヒトラーのイメージアップに…たとえ1ポイントだろうと…繋がるものは、許されないのだ。

 ヒトラーは100%悪の化身。

 それが、抗議をした人達の思いではなかろうか。

 正直、筆者は「別によくね?」と思ってしまった。

広告を非表示にする

マユコ・カタルシス

 最近は、暴言が大いに流行っている。

 特に、豊田真由子様の暴言は、続編が出るたびに大々的に報道される。

 「このハゲーーー!!」

 これだけ報道されるのは、みんなが面白いと思い、つまりカタルシスを感じているからだろうか。

 誰しもが、心の中では「このハゲーー!」と叫んでいるのかもしれない。相手が本当に禿げているのかは別として。

 「口が悪い」のと「暴言」は別だ。

 後者はまさしく、「言葉の暴力」である。

 傷付ける言葉ではなく、勇気づけたり、元気づける言葉を発したいものだ。

広告を非表示にする

事実は小説より奇なり

 松居一代さんと船越英一郎氏による、リアル火曜サスペンス劇場は、下手なドラマより面白いと、続報を心待ちにしている人も多いのではないだろうか。筆者もその一人である。

 あの、すっぴん顔の松居一代さんを見ていると、今にも包丁を持って船越英一郎氏に躍りかからんとする姿が浮かび、頭の中で、ヒッチコックの映画に使われる音(ヒン!ヒン!ヒン!)が脳内再生される。

 あるいは稲川淳二の「怖いな〜怖いな〜…」という…

 そんなことより、「私は尾行されている」という発言に感じる胡散臭さは何なのだろう。
 
 精神を病んだ人が言いそうな言葉だからだろう。「どこからか悪口が聞こえる」とか「狙われている」などのような。

 現に、松居一代さんに対して、「おかしくなっちゃったのか」などという感想を持つ人が多い。

 船越英一郎氏が不倫をしたという報道がある。本来なら船越バッシングが起こるところ、しかし、松居一代さんの尋常ならざる言動に、みんな引いている、といったところだろうか。

 ところで、船越英一郎氏とテレビで共演しているしている人は、気まずいだろうなあ。

広告を非表示にする