阿呆草

阿呆の徒然なる日々と随想録

他人が気になってしょうがない人たち

 以下はフランスの文豪、ヴィクトル・ユゴーの作品、「レ・ミゼラブル」の一文である。

およそ人の行為は、それに関係のない者が一番その機密を知りたがるものである。…なぜあの人はいつも夕方にしかこないんだろう。だれそれさんはなぜ木曜日にはきっと出かけるんだろう。なぜあの人はいつも裏通りばかり歩くんだろう
。なぜあの夫人はいつも家よりずっと手前で馬車からおりるんだろう。なぜあの奥さんは家にたくさんあるのにペーパーを買いにやるんだろう。云々…世にはそういう人がいるものである。彼らはもとより自分には何ら関係のないそれらの謎の鍵を得んがためには、多くの善事をなし得てあまりあるほどの金と時間と労力とを費やす。そしてそれもただいたずらに自分の楽しみのためにするのであって、好奇心をもって好奇心をつぐのうばかりである。彼らは何日間も男や女の後をつけてみたり、街角や木戸口に寒い雨の降る晩数時間立番をしてみたり、小僧に金を握らしたり、辻馬車や従僕を煽てたり、女中を買収したり、門番を取り入れたりする。それもなぜであるか。何の理由もない。ただ見たい知りたい探りたいがためのみである。ただ種々なことを言いふらしてみたいためのみである。そして往々にして、それらの秘密が知られ、それらの不思議が公にされ、それらの謎が白日の光に照らされる時には、災難、決闘、失脚、家庭の没落、生涯の破滅などをきたし、それがまた、何らの利害関係もなく単なる本能から「すべてを発見した」彼らの大なる喜びとなるのである。誠に痛むべきことである。<<

 つまり、人の秘密を探るためにストーカー行為をする人がおり、人の没落を喜ぶ人たちがいるということだ。

 個人的には、妬み嫉みという感情も、上記の人の行動に関わっているのではないかとも思う。 
 
 次に、ユゴーが友人に対して送った励ましの言葉を紹介したい。

 光り輝くもののまわりには必ず、雑音を放つ黒雲が群がるものです。名声に敵が付きものなのは、光には、まわりに群がる羽虫が付きものなのと同じです。
 敵など、気になさることはありません。あなたの人生に曇りがないのですから、心にも静かさをお持ちなさい。『あいつを苦しめ、あいつを悩ませているのだ』と考える喜びを、敵に与えることなどおやめなさい。楽しく、朗らかにしてください。世の喧騒を低く見て、強く生きてください。

 輝いている人に、嫉妬心を爆発させ、嫌がらせをする人。そんな人はいるものだ。しかし、負けてはいけない。

 というユゴーの激励である。

知の巨人 佐藤優 おすすめの本

 元外務省主任分析官で、現在は作家。圧倒的な知識量の佐藤優さんは、次々と本を出している。

 僕は「読書の技法」「悪魔の勉強術」などの勉強法の本を主に購入している。

 僕は知的水準が低く、佐藤さんの本は難解だ。そんな中で、わかりやすく、かつ有益な本を独断と偏見で勝手にランク付けしてみる。

続きを読む

読解力

 バイト先で、あるメッセージが送られてきた。

 「業績不振のため、ボーナスは減額となります。申し訳ありません」

 というメッセージだ。

 これを読んで筆者は

 「減額…ということは、多少は、あるということか」と解釈した。

 ところが、周りの人はみな0円と解釈していた。

 これは、筆者がおかしいのだろうか。

 0円にしろ、それなら、無しと書くべきではないか。

 どちらとも取れるお知らせを書くなんて、どうかと思う。

 いや、やはり筆者の読解力が無いのかもしれない。

 人の話を聞いても一発で理解できないことがよくある。

 
 話は変わるが、ACのCMで出てくる問題が自力で解けてちょっと嬉しかったので書いてみる。阿呆なりに。

「サラさんは、起きている時間の半分で家の手伝いを、残りの時間の2 / 3で妹の世話をします。6時間寝たとき、何時間勉強できますか? 学校へは歩いて往復3時間かかるものとします」

 一日は24時間、そこから6時間引いて18時間、さらにその半分で9時間。

 2/3でしばらく止まった。何時間だ?

 3つに分けたうちの2つか!と気付いて6時間引く。

 通学に3時間なので答えは0!

 筆者みたいな、算数をやっていると頭痛がしてくるたぐいの人間でも解けるのだから、これは簡単なんだろう。

暇なれど

 毎日、5、6時間の暇がある。

 この時間を、有意義に使いたい、と思いつつ無為に過ごす日々を何ヶ月も送っていた。

 しかしこの1ヶ月、勉強しはじめている。といっても、資格勉強などではなく、英語や歴史をなんとなく勉強しているだけだ。なんらの目的や目標もない。

 以前はまったくやる気が起きなかったが、ノートに勉強予定を書くようになって実行できるようになってきた。

 それでも、忘れたことにしてゲームしてしまう日もあるし、予定は3時間だが、1時間しか出来ない日も多いけど。
 まったくもって様々な誘惑が手強い。

 勉強と、読書。読書は大事だ。

 ただでさえ無知な自分だ。人より勉強してこなかったのだから。とにかく、勉強する習慣をつけたい。

 今日ははじめて4時間の勉強を達成できたので、ここに記したい。

 暇はあるのに、難しい。成功体験談で、フルタイムで働きながら勉強したなど、たまに見るが正気の沙汰ではないな。