とある阿呆の随想録

阿呆の徒然なる日々

学び直し、始めました

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」

 「あー、勉強しないといけないのは分かってるが面倒だな〜。何の勉強したら良いかもわかんないし…。ゲームしよ」

 万年こういう具合である。

 去年は、何ヶ月か腰を据えて学んでいた。しかし、心が折れてしまい、元の自分に戻った。

 今年の最初に君たちはどう生きるか (岩波文庫)を買った。これは良い本だ。

 しかし、結局、「どう生きるか」判然としないまま呆然と過ごした。

 そして10月くらいに、知性だけが武器である――「読む」から始める大人の勉強術を買った。

 この本に啓発され、読書をするようになった。とにかく自分の興味の向くまま、図書館で借りるか買うなりして。

 かつて、新聞の書評を見て、気になる本をメモばかりしていた時期があった。そのメモを今、消化している。
 それに、ブックガイドをいくつか買っていたのも、役立っている。

 そうこうしていると、よく分からないが、学習意欲が高まってきた。

 そして今月、つい数日前、スタディサプリに課金した。約1年ぶりである。

 先生方を久々に見て、「懐かしいな〜」としみじみ、「買ってよかった〜」と。

 「学び直し、始めました」パート2。

 今回は、前回の教訓を踏まえ、まったく腰を据えないでやっていこうと思う。

 続ける事が、大事である。

 気合を入れ過ぎたら、(早々に)真っ白に燃え尽きてしまう。

日記

 ジョジョの奇妙な冒険第五部のアニメを見ている。
  
 ディーモルト・ベネ(とても良い)。

 エンディングのセンスなんか抜群だ。

 シリーズでは五部が1番好きだ。
脂の乗った絵、わかりやすく、かつ示唆に富んだストーリー。最もバランスの良いパートではなかろうか。

 主人公のジョルノは、はじめからほぼ成熟した人間のように思える。15歳にして。

 ふと思ったのだが、大成する人間というのは若いときから何か違うような気がする。
 大谷翔平さんとか、本田圭佑さんとか。

 特にジョルノの言葉が、本田圭佑さんと、妙にリンクするのである。

 「ぼくは、ギャングスターになりたい、というかなる。」

 みたいな。

 この三者に共通するのは、明確な目標を立て、そこに向かって努力している、ということか。

 よし、筆者も目標を立てるぞ!お金持ち!!


 …いや、たぶんもっと具体的で現実的な目標の方が良いだろう…。

風と共に去りぬ

 僕は、Mr.ビーンが好きで、子供のころはよく見ていた。
 
 ビーン役のローワン・アトキンソンさんは、ある時期からビーンをやるのが嫌になったらしい。

 まともな役をやりたいと。ビーンばかり嫌だと。

 すこし残念な気持ちになったのを思い出した。

 ところで、先日逮捕された日産のカルロス・ゴーンさんは、ビーンと似ていると思うのは僕だけだろうか。

 50億も貰えば十分だろうと思ってしまうのは凡人か。いや、きっとお金はいくらあっても足りないんだろう。

 それとも、他に嘘を書いた理由があるのだろうか。

 ともかく、有終の美を飾って、「風と共に去りぬ」(Gone with the wind)という訳にいかなくなったのは確かだろう。

 最後の言葉が言いたかっただけである。

わたしの読書遍歴

今週のお題「読書の秋」

 僕が最初に図書館へ行ったのは小学生の時だった。仲の良い友達に連れて行かれた。その時、初めて借りたのはドラゴンクエストの小説だった。

 それ以降、高校生になるまで図書館には行かなくなる。

 高校生の時、諸事情でネット環境が断たれてしまい、日々退屈なので図書館へ行くことにした。

 そこで、適当に本を探していると、森見登美彦氏の「新釈 走れメロス」に出会った。

 衝撃的だった。明治の文豪のような文体なのに、1から10までふざけた様な筆運び。著作をむさぼり読んだ。
 そこから、本を読むことが増え、図書館に通う事も多くなった。

 自分の読書歴に大きな影響を与えた最初の人物が森見登美彦氏だ。

 その後、衝撃的な作家とまた出会ってしまった。

 佐藤優氏。元外交官で現在は作家。出会った本は「読書の技法」

 読書の仕方はもちろん、学校の勉強がいかに大切か、ということがグッと来た。学生時代にちゃんと勉強してなかったので、ことさら胸に刺さったのだろうと思う。

 ところで、読書の秋って、どういうこと?普段読書していない人が読書しましょうと言う日?

 ともかく、読書の秋と言わず、1年通して読書に挑戦していきたい。