阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

今週の阿呆

 子会社が親会社に斬られ、路頭に迷う社員。
 さながら、ワイの状況はそんなもん。
 しかしながら、レールは用意されている。それに乗れるか突き落とされるかは未だわからぬ。

 さてさて…いつまでも残る、「阿呆大学生」のバナー。ワイはもはや、大学生ではない。ただの阿呆である。

広告を非表示にする

ドラクエ、七つの大疑問

なぜ勇者は壺や樽を壊して調べるのか

  • 理由1、実は壺や樽には魔力が込められていて、壊してもすぐ復活する。
    • 壊し放題。

何故魔力が込められているのか。

  • 「建築魔法」的なものが存在している。
  • ドラクエの時代区分は明らかに中世ヨーロッパである。にもかかわらず、至るところに本がある。これは、魔法による大量生産を行っているためであろう。
  • 悪魔の書やツボックというモンスターも、本やツボに込められた魔力が暴走したと思われる。
  • 理由2 本当は壊してない。ただのゲーム上の表現。壊したら派手でしょ?

なぜ勇者は勝手に人の家の物を持っていく?

  • 勇者だから
    • なんか文句ある?
  • 村人が無理やり持たせる
    • 数ゴールドとか布の服とかいらないでしょ
    • 「勇者様!どうぞこれを持って行ってくだせえ!」

なぜ多くの民家に鍵がかかっていないのか

  • 実はかかってる。
    • 家に入るときに暗転する
    • 実はここでいろんな出来事が省略されている。
    • ノック、「すみませーん」、「私こういう者でして…」「なんと!勇者様!?ささ、お入りなされ!」
  • 昔の日本みたいなもの。今でも田舎いったらかかっていない。
    • 村のような狭い共同体では盗人などいない。

魔物がゴールドを持っている理由

  • ゴールドに微妙な魔力がこもっている。だから魔物はその魔力に引きつけられて拾う。
    • 人は誰しも少なからず魔力を持つ。そのため人間がなにより大事にするゴールドには微弱な魔力が蓄積される。
  • もしくは上述の通り、ゴールドも魔法で作られているので、ゴールドの魔力に引きつけられて…

なぜ勇者は人の頼みを「いいえ」で断れないのか

  • 勇者に拒否権はない。弱気を助け魔物をくじくのが勇者のつとめ。プレイヤーが「いいえ」を選んでも勇者がそれを許さない。結局「はい」と言ってしまう。
  • 「はい」と言うまで同じことを言うのがこの世界の常套手段。勇者はたいてい人が良いのでそのうち「はい」と言ってしまう。
  • 神様とか精霊のたぐいが時を戻してる。勇者は違和感を覚えつつ結局「はい」と言ってしまう。

経験値とは?

  • 魔物が死ぬ時に放たれる魔力を数値化したもの。 
    • つまり、勇者や特定の人間はその魔力を吸収できる。
  • ではなぜメタル系モンスターは経験値が豊富なのか。
    • 神様とか精霊のたぐいが勇者のためにこしらえたモンスター。すぐ強くなるように。
    • そうなると、メタルハンターは魔王が勇者に経験値を得させまいと作ったモンスターということになる。

レベルアップとは?

  • あ!ここ進研ゼミで出たやつだ!という感覚の表現。

⚠この記事はあくまで個人の感想です

【悲報】BOOKOFFで本を買ったら手紙が入ってた

 もう何ヶ月か前の話である。

 BOOKOFF Onlineで本を注文した。
 どんな本かと言うと、とある有名な洋書を優しい英語で読む、というコンセプトの本である。

 届いた本を開くと、四つ折りにされたキレイな紙が1枚、出てきた。最初は広告の類かと思った。
 手紙だった。手書きではなく、パソコンで作られたものだ。10行ほどの文章のみが印刷された、簡素なもの。

 内容は、先日のお礼、手紙主の近況、英語を勉強するということ、ざっくりいうとこんな構成。
 エッセイと言っても良いぐらい文章がうまい。
 勉強に関しての文を読んで「なるほど…」と参考になってしまった。

 最後に、手紙主の名前が書かれていた。

 いけないこととは思いつつ、ググった。
 出てきた。有名大学の先生だった。

 「同姓同名じゃないの?」

 いや違う。大学のプロフィールと「手紙主の近況」がずばり一致しているからだ。

 ちょっと切なくなるのが、本がすげー綺麗だということ。
 この本を送られた人は、本を読んだのだろうか。手紙を読んだのだろうか。

 そしてなにより、BOOKOFFはちゃんと本を検品しているのだろうか…。

 まあ、こんなことは滅多にないことだ。そのはずだ。

 先日、新たにBOOKOFFOnlineで本を購入。

 「授業の出席カード」が入ってた。がっつり個人情報が書かれている。ブックオフェ…

 みんなー!ブックオフに本を売るときは変な物を挟まないようにね!

今週の阿呆

 アケオメコトヨロ。

 このブログは、阿呆の阿呆による阿呆のための阿呆脱却までの道を記録する一個人史である。
 脱却とはなにか。有り体に言えば、カシコになることである。
 そのためには、勉強しなければならないのだが、まったくその習慣がついていないのでひとまず、今年の抱負は「勉強の習慣を作る」ことだ。

 この世に生を受け四半世紀に迫りつつある。いつまでもフリーターではいられない。

 しかし、小中でがっつり不登校だったワケアリニンゲンの筆者に、道はあるのだろうか。
 「あの大学へ受からなければ、人生終わりだ」と言う受験生からすれば、筆者などもはや終わってるどころの話しではないのだろう。

 道は自分で切り開くしかない。

 それはつまり、勉強しかない。

 しかし何を学べばいいのか、分からない。
 阿呆を極めてしまった男には、カシコへの道乗りは険しすぎるのであった。

広告を非表示にする