読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

FPS好きだから花火の破裂音を一瞬銃声だと思ってしまう

 ハンドガン,サブマシンガンかとビクッとする。そんな夏だった。

 もう花火の音も聞こえなくなり,いささか投稿するのも憚られる晩夏の頃。

 タイトルだけ書いて無意味に温めていたら6日が経過したわけである。

 

 9月になると,夏よまだ行くなという気持ちも消え失せ,秋よさっさと来いという気持ちになるのである。

 けれど夏はしぶとく,台風に飛ばされそうになりながらも日本列島にしがみついている,ちょうど近畿から東北あたりをつかんで日本に停滞している。加えて秋は鈍足である。

 

 もう飴をころころやりながら見守るしか手はないが,そんな余裕もあまり無い。

 結局は銃声にびっくりして飴玉を吹き出してしまうのだ。きっとそうに違いない。

広告を非表示にする