阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

愛をこめて鼻くそを

 「愛をこめて花束をって歌知ってる?」と聞いたら「え?愛をこめて鼻くそを?」と聞き返された。そこで会話は終わった。

 

 兄上が休みということで,喫茶店で家族集合,そこにはまだ数才の姪もいたのだが,筆者は項垂れていた。というのも,中学生の時に初めて中古のノートパソコンを使った時,そのPCに「PCから離れると徐々にHPが減少していく呪い」がかかっていたので,それ以来,PCが近くにないと元気が保てなくなってしまったのである。

 そういうことで,だらりとしていると母上に活を入れられ,帰りにポテチを買うと少しHPが回復し,帰宅しPCの前にある椅子に座ると急速に回復し始めるのであった。

 ところでまだ咳が続いている。もう一ヶ月だがまだ治らない。

広告を非表示にする