阿呆のように勤勉に

阿呆の徒然なる日々と随想録

卒業証書

 今日までに風邪が治ったら、この日は学校にいるからきてね。

 そういう話が先生から先日あったのでl、今日、卒業証書を取りにいった。

 学校へ向かう道中、これが最後の登校であると考え、どっちの道を通ってやろうかなどと考えた。

 学校へ着き、先生から証書を受け取ると、恩師へ礼を述べた。事前に言おうと思っていたが、なぜか焦ってしまい噛みまくった。「ありがとうございました」が「ありがとうごじゃざますた」みたいになった。

 それが尾を引いて、帰路はもやもやしてしまった。

広告を非表示にする